海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

【メルマガ】『成績を上げる勉強法(家庭学習編)』配信しました。

f:id:tapdan:20170331001002j:plain

今回は、『成績を上げる勉強法(家庭学習編)』について、メルマガを配信しました。

ブログに書いていない内容を配信しています。

定期的に配信していますので、メルマガ登録がまだお済みでない方は、こちらから!

【メルマガ】『帰国時期によって、受験に有利・不利はあるのか』配信しました。

f:id:tapdan:20170331001002j:plain

今回は、『帰国時期によって、受験に有利・不利はあるのか』について、メルマガを配信しました。

ブログに書いていない情報を配信しています。

 

定期的に配信していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

メルマガ登録がまだお済みでない方は、こちらから!

立教女学院中への帰国生入試(試験科目・日程・面接内容)

 

f:id:tapdan:20170404213156p:plain

立教女学院中学校・高等学校

 

今回お話するのは、立教女学院中(通称:立女)について。

 

立女は、立教大付属校の一つです。

 

東京・三鷹台にキャンパスがあり、チャペルはじめ校舎それぞれに歴史があります。学校見学で、はじめて立女を訪れた女子受験生が、学校の雰囲気が気に入って第一志望にするケースもあるほど、、

そして、以前から帰国生の受け入れを行っており、昨年度も20名の帰国生を募集しました。2017年度入試では、84名が受験して、34名が合格しました。

hs.rikkyojogakuin.ac.jp

 

帰国生入試の科目は、、

算数(30分・40点)

国語(30分・40点)

作文(30分・20点)

面接(保護者同伴)

 

作文が出題されていることが特徴的です。算数・国語の配点からわかるように、学力試験が非常に重視されています。海外にいても、国内生と同様レベルの内容を学習しておく必要があります。

 

試験日程は、12月22日。しかも当日18時に合格発表があります。一時帰国で受けにくる生徒もいるので、入学手続きまで非常にスピーディーな日程になっているのです。

 

以下の内容が面接では問われています。

《生徒》

・海外生活について

・テストの出来

・志望理由

・学校の特色

 

《保護者》

キリスト教への理解

・併願校について

・子育てで大切にしてきた点

 

基本的な内容中心です。12月が入試日ですので、面接準備が前倒しでできますね。第一志望としてもいいですし、併願校のひとつとして考えてみてもよいでしょう。

 

参考にしてみてくださいね!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ

【メルマガ】本日配信しました。

f:id:tapdan:20170331001002j:plain

今回は、現地校・インター生の算数・数学の上達のコツ(一時帰国編)について、メルマガを配信しました。

 

定期的に配信していきますので、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね!

 

メルマガ登録がまだお済みでない方は、こちらから!

 

 

渋谷教育学園渋谷中への帰国生入試(試験科目・日程・面接内容)

f:id:tapdan:20170324200935p:plain

渋谷教育学園渋谷中学高等学校

 

今回、お話するのは、渋谷教育学園渋谷(通称:渋渋)について。渋谷教育学園幕張(通称:渋幕)と並び、首都圏で人気が高まっている渋渋。渋谷教育学園は、他にも早稲田渋谷シンガポール校を運営しており、早稲田大の系属校でもあります。

kaikyo.hatenablog.com

近年、渋渋は、海外大学進学にも力を入れており、ハーバードやプリンストンなどの海外一流校へも合格者を出しています。東大はじめ国内大学以外の選択肢も、渋渋の中では普通にあるのです。帰国生が渋渋を志望する理由もわかりますね。

 

さて、そんな渋渋は、中高一貫校ですので、高校での受け入れは行っていません。(渋幕は、中学・高校で生徒募集。シンガポール校は、高校募集のみです。)一般入試でも、御三家(開成中や桜蔭中など)と併願する生徒も増えています。

 

帰国生入試では、英語受験と作文受験の二つの選抜方法があります。

《試験科目》

①英語受験:国語・算数・英語 面接(英語)

②作文受験:国語・算数・作文 面接

 

英語のレベルは年々上がってきており、英検1級〜準1級レベルの英語力が必要です。英語“が”話せるのではなく、英語“で”考えることが求められます。

 

一方、作文受験は、一般入試レベルの力が国語・算数とも求められ、非常にハイレベルな戦いになります。日本人学校出身者が多く受けにきますからね。

 

それでは、入試概要をみてみましょう。

 

《募集人員》

帰国枠 男女計12名

 

《日程》

1月27日

 

《2017年度 入試結果》

◆英語受験

受験者数 119名(男子:49名、女子:70名)

合格者数  24名(男子:6名、女子18名)

 

◆作文受験

受験者数 171名(男子:80名、女子:91名)

合格者数  35名(男子:15名、女子:20名)

 

《面接内容》グループ面接(受験生5人:面接官1〜2人)

日本語 志望理由、将来の夢、学校で頑張りたいことなど

 英語 自己紹介、グループのメンバーでタスクが与えられ、ディスカッション

 

特に、面接は集団面接であることが、ほかの学校と大きく異なる点です。集団面接のコツは、またメルマガでご紹介していきますね。特に、英語のディスカッションは、タスクに対して、自分の答えを論理的に伝える必要があります。

 

近年、人気が高まっている渋渋。海外生・帰国生は、今のうちから学校選びをしっかりと行っていきましょう!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ

【メルマガ】本日配信しました。

f:id:tapdan:20170331001002j:plain

今回は、学校説明会情報について、メルマガを配信しました。

 

定期的に配信していきますので、

ぜひぜひ参考にしてみてくださいね!

 

メルマガ登録がまだお済みでないかたは、こちらから!

【入門講座】受験における、学校の内申点の位置付け《帰国生入試・調査書》

f:id:tapdan:20170330210649j:plain

今回お話するのは、受験における、学校の内申点の位置付けについて。

中学・高校受験問わず、願書を提出する際には、学校の内申点(調査書)の提出が求められます。その際、多くの受験生が気にするのは、受験に内申点がどの程度影響するのかという点。

結論からいうと、帰国生入試に、内申点(調査書)は、ほとんど影響しません。

なぜかというと、世界中から生徒が受験するから。受験生の出身校も、日本人学校からインター・現地校まで、じつに様々。特に、インターや現地校の学校間のレベル差や科目にも開きがあります。

要するに、国内の学校のように同一カリキュラム・基準で成績を計ることができないのです。結果的に、学校側も当日の試験や面接を重視せざるをえない訳です。

もちろん、成績が悪すぎるということがあれば、学校側もチェックするでしょうが、それ以上に当日の点数や面接のほうが、優先順位が高くなるのが現状です。

 

それと、あまり知られていませんが、日本人学校やインターから帰国して、公立小中に編入すると一時的に成績は下がる傾向があります。新しい環境(学習環境)に馴染む過程で、学校の先生も様子見をした評価をするのでしょうね。この内申点のダダ下がりで悩むご家庭が非常に多いこと。。ただ、冒頭お伝えした通り、入試に内申点(調査書)がそこまで影響しないことを知っていれば、余計な不安を抱える必要もありませんよね。

 

正しい情報をもとに、帰国生入試を考えるといいでしょう!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ