読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

海外に住む日本人

11月になり、寒くなってきましたね。

私の住んでいる地域もコートが必要な季節になってきました。

みなさんの地域はいかがでしょうか。

 

さて、今回は海外に住む日本人について。

 

外務省のデータによると、

在外邦人数(長期滞在者のみ)は、

 平成4年  約43万人

 平成24年 約84万人

 

と、、、ここ20年で倍増しています。

たしかに、あらゆる業種で海外とかかわる機会は増えてますよね。

家族で海外駐在も年々増えてます。

 

ちなみに、都市別は、

第1位 ロサンゼルス 約7.1万人

第2位 上海     約5.7万人

第3位 ニューヨーク 約5.3万人

第4位 バンコク   約3.9万人

第5位 ロンドン   約3.8万人

 

欧米の主要都市の邦人数が強い。

ちなみに第6位は、シンガポール

代表的な金融都市『NY、ロンドン、香港、シンガポール

がTOP10にランクインしています。

 

一方、アジア都市、、、上海、バンコクは、数万人を超えます。

ジャカルタなど他のアジア都市、現在は、数千人単位ですが、今後確実にふえていくことになるでしょう。

 

日本人学校の数も、アジアを中心に年々広がりを見せ、

 

昭和31年 バンコク日本人学校開校

平成24年 世界50か国 88校

と世界中で増加しています。生徒数も約2万人。

 

 

特に、

上海日本人学校の生徒数 約3000名。

2008年までの4年間で約1400人増加という驚異的な伸びをみせています。

今後、上海のように、発展途上の都市のインフラ改善と世界経済での重要性が増せば、アジアで子供の教育をしたい家庭が増えてもおかしくありませんね。

 

そうなれば、今後、アジアを中心に子女の増加が予想されます。

 

 

そして、帰国入試は、そんな海外にすむ生徒が日本の学校、受けることができる昔からある受験制度。

うまく活用すれば、一般枠と帰国枠とチャンスが二倍になるおいしい制度です。

ただ、帰国枠についてよくご存知の方ってほとんどいません。

もったいない。ほんと。

 

そこで、次回は、帰国入試についてお話します。

帰国入試の知識をどんどん増やして、いきましょ! 

 

広告を非表示にする