読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

受験資格って?!

ここ数日、だんだん冬になってきましたね。

受験生もいよいよ本番です。

 

今回は、帰国入試の受験資格について。

 

『帰国生』

 

何をもってそういう呼ぶのでしょうか。

 

半年、海外生活をした生徒は、帰国生なのか?

 

一年滞在したら、帰国生なのか。

 

 

 

判断が難しい。

実は、、正式にいうと、

 

 

 

明確な基準はありません。

 

 

 

 

それは学校によって、認定条件が変わります。

 

例えば、(ざっくりいうと)

東京大・受験条件:

連続3年(最終学年含め)

    or 

通算5年(在学期間がとびとびな場合)

 

慶応湘南藤沢中等部・受験条件:

連続2年以上(13年1月以降の帰国)

    or 

通算3年以上(07年9月~14年3月まで)

 

 

私のこれまでの経験上、

多くの学校では、2~3年以上海外滞在を条件にしているところが多いようですね。

 

 

ただ、多くの方が勘違してしまうのですが、

重要ポイントは、

 

 

『帰国するタイミング』

 

  

入試日の1年以内の帰国が条件というところも多くあります。

そのため、滞在が2年経ったから、必ず受験条件を満たすわけではありません。

例)2月入試なら前年の3月以降の帰国が条件など。 

 

そうですよね。

ちいさいとき2年滞在していました、というのは、そりゃ認定できない。

 

明確な基準は各学校から発表されています。微妙なケースは、一度、志望校の学校に問い合わせてみるのがよいでしょう。

足りなくても資格審査に通れば、OKです。

けっこう、なんとかなったりしますから。笑 

 

~まとめ~

・帰国生は2~3年の滞在が必要。

・帰国タイミングは綿密な計画を立てること。

・志望校のHPや願書をまずは確認すること。

 

  

帰国のタイミングを誤ってしまうと、せっかくの帰国入試というチャンスを使うことはできません。

気を付けてくださいね。

 

TAKA

 

 

応援のクリックがちからになります。 

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村 

 

 

 

 

広告を非表示にする