読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

学校の種類は意外と大事?!

私の住む都市は、週末は天気が悪かったですが、

週明けは晴れて、とても暖かったです。

みなさんの街は、いかがでしたか。


今回は、帰国子女の学校の種類について。

 

国内にいるとなかなか、意識しないですが、

海外の学校は、様々な種類の学校があります。

 

大きくわけて3種類

①日本人学校(全世界に点在)、補習学校(主に北米に多く設置)

②インターナショナルスクール、ブリティッシュスクールなどのインター系

③現地校(公立校、中華学校など)


例えば、

私が教えている生徒の中には、

インターに通って、英語・中国語・日本語がネイティブにしゃべれる日本人の生徒

がいたりします。そんな生徒をみると、世界は本当広いな~とつくづく感じます。

 

話は戻り、

学校の種類は大きく分けて3タイプ。

 

実は、帰国入試を考える上では、

意外と、学校の種類が、大事だったりします。

 

というのは、出願できない場合があるのです。例えば、

 

立教池袋中は、

インター系、現地校、日本人学校⇒たいがいOK ですが、

 

立教新座中は、

①日本人学校⇒基本NG 

②インター系や③現地校⇒OK。

※ただし、②③のすべての学校が許可されるわけではない。

 

 

そのため、驚くべきことに、

 

2013年度 帰国児童入試

 

立教池袋中 受験者数 57名

 

に対し

 

立教新座中 受験者数  2名

 

なんてことが起きます。

 

、、ということは、

自分のいきたい学校が、本当に今通っている学校から受けられるのか、

早めに確認する必要があるということです。

 

また、これから海外に行く予定で、現地での学校選びを迷っているという方は、

帰国のことを踏まえ、志望校から逆算して通う学校を選ぶことがおすすめです。

※もちろんこれから変更する可能性ありますが、意外と大事ですよ。

 

~まとめ~

①海外の学校は、大きく3種類ある。

②志望校によっては、受験できないことも。

③募集要項などを踏まえ、出口を意識した、現地の学校選びが大切。

 

 

それでは、次回も帰国入試の知識を深めていきましょ!

 

TAKA

 

 

みなさんの応援の1クリックが、ちからになります!

 

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

 

 

広告を非表示にする