読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

第二弾 慶應ニューヨーク学院の授業って!?

慶應ニューヨーク学院特集 第二弾!『慶應NYの授業』について。

f:id:tapdan:20140611130528j:plain

ニューヨーク市 (マンハッタン橋)

 

本日お話するのは、慶應ニューヨーク学院(以下慶應NY)の授業について。ちなみに前回は、『生徒数』についてお話しました。

 

さて、慶應NYの最大の特徴は、当然です、『海外に位置すること』。そのため、他の慶應附属校と比べ、カリキュラム面も当然異なります。例えば、英語教育。授業の5割~7割程度は英語で授業がなされますので、“英語を”学ぶではなく、“英語で”学ぶ教育がなされています。もちろん、英語補習授業も用意されていますので、はじめからネイティブ並にしゃべれる必要はありません。およその目安でいうと、入試段階では、準2級~2級程度の英語力が試されます。

 

そ れと、成績の評価は、ABCDF(P)でつけられます。※Fが不合格で、Pがパス。A~D評価もそれぞれ更に3段階で評価されますので、生徒の成績は非常 に細かく採点されることになります。日本の5段階評価よりもシビアと言えますよね。しかし、その分、頑張った生徒は、成績がより正確に出るといえます。

ちなみに、慶應NYには、毎年2名の慶応大学医学部への推薦枠があるのですが、毎年この医学部推薦枠で進学する生徒は、成績が最上位の生徒がほとんどです。医学部進学を目指すなら、ニューヨークでもまじめに努力する必要がありますよ。

 

授業科目は、慶應NYのHPに掲載されていますので、確認されるのがおすすめです。

HP⇒http://www.keio.edu/

 

それでは、次回、慶應NY特集・最終回をお送りします。

一緒に帰国入試知識を深めていきましょ!

番外編 高校からの留学って?! - 海外教育日記

最終回 慶應ニューヨーク学院の入試って!? - 海外教育日記

 

【海外教育について他のブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ

 

 taka

広告を非表示にする