読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

慶應義塾女子高の入試って?!

f:id:tapdan:20150322135535j:plain

慶應大学三田キャンパス(慶女生の通学路)

 

海外教育日記は、毎日世界各地のたくさんの方に読んでいただいています。本当にありがとうございます。そこで今回人気テーマのひとつである、『慶應義塾女子高校』についてお話したいと思います。

 

早速、今年の慶應女子高(以下、慶女)の入試において注目すべき点は二点。

①一般入試の補欠発表者の追加合格

②帰国生入試の受験者数増加

 

それでは今年の慶應義塾女子高校の入試データからみていきましょう。※慶應義塾女子高校HPより

 

一般入試

募集人数⇒約80名

志願者数⇒442名(昨年度462名)

受験者数⇒429名(昨年度456名)

合格者数⇒176名(昨年度155名)

補欠発表者6名 (昨年度40名)

 

帰国生入試

募集人数⇒若干名

志願者数⇒56名(昨年度40名)

受験者数⇒55名(昨年度38名)

合格者数33名(昨年度20名)

補欠発表者⇒0名(昨年度0名)

 

推薦入試

募集人数⇒約20名

志願者数⇒104名(昨年度103名)

受験者数⇒104名(昨年度103名)

合格者数⇒24名 (昨年度24名)

 

この結果で注目すべき点は以下の2点です。

 

①一般入試の補欠発表者の追加合格

今年、慶女は数学の問題に出題ミスがあったとして、補欠発表者40名のうち34名を正規合格にすると発表しました。その結果、補欠発表者数が6名に減少しています。数学1問で、34名が合格するということは、どれほど合格ラインに受験生が密集しているかがわかりますね。入試では、1点で勝負が決まると言われますが、それは事実なのです。

 

②帰国生入試の受験者数増加(昨年比)

帰国生の受験者数が昨年と比べ、大幅に増加しました。例年受験者数は、35名前後ですが、今年の受験者数は55名。約57%近く増加しています。その分、合格者数も増加し、33名(昨年度20名)と1.5倍以上になりました。他の学校にもいえるのですが、帰国子女枠は募集人数が若干名など人数が少ない学校が多いため、年によって急に受験者が増えたり減ったりする傾向があります。

 

しかし、帰国入試の大きなトレンドとしては、

・慶女に限らず、帰国入試枠が認知されてきたこと(入試制度の整備)

・海外での学習環境(学校や塾、ネット学習)が整ってきたこと

・帰国子女数の増加(小学生だけでなく、中高生の人数も増加)

などが背景にあり、少しずつ帰国生の合格者が増えてきました。今後、慶應女子に限らず、帰国生の存在感が増してくるでしょうね。

 

合格ラインには、多くの生徒がひしめき合っています。面接対策などもしっかりと準備することが大切ですよ。

 

それでは、次回も一緒に帰国入試知識を勉強しましょ!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ

広告を非表示にする