海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

立教英国学院への帰国入試:基本情報

f:id:tapdan:20081206140318j:plain

立教大学

 

本日お話するのは、立教英国学院について。

海外には、多くの在外教育施設があります。早稲田渋谷シンガポール校慶應義塾ニューヨーク学院などですね。今回は、中でも、最も古い歴史をもつ、立教英国学院について。

 

立教英国学院とは、1972年に設立された、立教大学の系属校です。在外教育施設として初めて認定された歴史があり、ロンドン日本人学校より以前に設立されました。

ロンドン郊外のキャンパスは非常に落ち着いており、勉強やスポーツに集中できる環境の中にあります。旧お屋敷を改造した校舎というのが、なんともイギリスにある学校らしいですね。寮の部屋の大きさもそれぞれ違います。

 

また、生徒数も他の学校と比べ、少人数。

慶應ニューヨーク学院は、約420名

早稲田渋谷シンガポール校は、約300名

立教英国学院は、約150名

 

それに対し、教員の生徒数に対する割合が高いことも特徴です。

常勤教員24名(日本人)、3名(外国人) 計27名

非常勤教員3名(日本人)、38名(外国人) 計41名

多数の非常勤の外国人の先生は、語学を担当されています。

語学では、英語・フランス語・ドイツ語を外国人に個別指導してもらえる機会があり、少人数教育がなされています。また、教養としてバイオリンやピアノなどの講座なども。

 

そして、小・中学部が併設されていることもポイントのひとつ。

小学部に通っているのは、例年数名です。中学部が30名程度。高等部が120名程度という構成になっています。このような立教英国学院の少人数教育は、細かく面倒見が良いと評判です。

 

【創立年】

1972年

 

【生徒数】

小学部⇨3名

中学部⇨33名

高等部⇨123名

計159名

 

【卒業生の進路】

立教大学への推薦の他、指定校推薦も充実しています。

立教大学 20名

関西学院大学 6名など、

 

参考資料として、2014年度は、卒業生43名に対し、

国公立大5名

立教大19名

上智大6名

慶応大5名

法政大4名

早稲田大3名

等、複数の大学に進学しています。

在外教育施設には、多くの場合、指定校推薦や系属校推薦などがあり、浪人をする生徒が日本の公立高校などと比較して、少ないことも特徴のひとつです。

 

【UCLロンドン大学との提携】 

英国大学への進学にも力を入れ始めています。今後、ロンドン大学キングスカレッジやサリー大学などとも提携をしていくとのこと。

海外高校⇨英国大学という流れも今後増えてくるでしょうね。

 

【学校の所在地】

 

選択肢は、海外にもあります。様々な学校を調べて、ぴったりの高校を探しましょう。

それでは、次回も一緒に帰国入試知識を勉強しましょ!

  

♦♦メルマガのお知らせ♦

現在、多くの方々に登録していただき、ありがとうございます。

ブログに載せていない入試情報などを無料会員様限定に送信しています。

登録は、当ブログ右バーの登録画面から!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com 

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ