海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

【入門講座】帰国生の算数対策

f:id:tapdan:20160623004150j:plain

海外滞在中に現地校やインターに通っていた帰国生のなかには、帰国後に日本の学習進度やカリキュラムの違いで、とても苦労している生徒が多くいます。

 

なぜそのようなことが起こるのでしょうか。そして、海外にいる間には、どのような準備ができるのか、今回はお話したいと思います。

 

そもそも学校の算数と受験算数は、その内容やレベルに大きな差があります。

特に難関中と言われる中学を目指す生徒は、学校のテスト(40分)を5分程度で終わらせます。しかも、余裕の満点。受験算数のカリキュラムになんとかついていいっている生徒も、学校レベルであれば、ほとんど満点に近い点数をとります。

首都圏の一部の中学受験生は、このようなレベルで学習をしているのです。そうすると、海外において、特にインターや現地校に通っていると、このレベルに対応できないことは当然です。

 

ただ一方で、帰国後、実際に算数の勉強を始めて思い知るのは、国語力、特に読解力のなさ

なぜなら、算数の問題の多くは文章題が中心で、そもそも質問の意味を的確に理解することからできないから。もちろん生徒によって、そのレベルには多少差はありますが、インター・現地校出身の生徒は問題文の理解から苦労する傾向にあります。

つまり、現地滞在中に真っ先にすべき対策は、国語の読解力や語彙力を高めておくことなのです。語彙力のなさ、つまり言葉を知らないことが理解力の乏しさにつながります。その対策として漢字検定を活用して、コツコツ語彙力を高めておくことは後々非常に役立ちます。

 

現地の学校の学習でなにかと忙しいですが、日本に帰れば日本語での授業や生活が待っています。現地滞在中から、帰国後に必要な日本語力を養って過ごしておくが大切です。

 

《滞在中に有効な準備》

▪️漢字・語彙の訓練(漢検の活用)

▪️日本の教科書の音読

▪️毎日の計算練習

▪️一行問題(各単元)

 

《ご相談・お問い合わせ》

infokikoku@yahoo.co.jp

 

 

語彙力アップ1300 1 小学校基礎レベル

語彙力アップ1300 1 小学校基礎レベル

 

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ