海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

広尾学園への帰国枠入試(試験科目・面接内容・試験日程)

f:id:tapdan:20131228133558j:plain

広尾学園 東京・港区

 

今回お話するのは、広尾学園について。帰国生に人気の高い学校です。

特に、高い英語力をもつ現地校・インター出身者が好んで受験しています。

 

まずは、その学校の歴史から。

広尾学園は、大正7年に順心女学校として設立されました。長い間、女子校として運営されていたのですが、平成19年に広尾学園に改称され、男女共学化したという歴史があります。 

特に、インターナショナルコースを設置したことは特徴的です。英語で学ぶ教育環境は、帰国生・国内生問わず、受け入れられ、人気がぐっと高まりました。

そして、平成23年からは、高校に医進・サイエンスコースを設置し、理系指導にも力をいれています。実際、このころから中学入試において、広尾学園の存在が高まり、御三家(開成・麻布・武蔵・桜蔭女子学院・武蔵)志望者の併願校にもなってきました。

 

この数年の大学進学実績です。 

 

2016年 早稲田大90名、慶應大37名、上智大55名

2015年 早稲田大54名、慶應大13名、上智大45名

2014年 早稲田大20名、慶應大19名、上智大21名

2013年 早稲田大15名、慶應大18名、上智大29名

広尾学園HPより

 

早慶上智大の合格者数の増加数は注目でしょう。この急上昇の背景には、優秀な国内生が入学するようになったこと、学校の力の籠った学習指導が挙げられます。

当初は、高い英語力をもつ帰国生が、早慶上智大の合格実績を牽引する傾向にあったようですが、近年は、優秀な国内生が健闘しています。

 

次に、教育体制について。

広尾学園には、本科コース、インターナショナルコース、医進・サイエンスコースの3つのコースが設置されています。

特にインターナショナルコースは、中学のうちは、2つのグループに分けられます。それが、アドバンストグループ(AG)スタンダードグループ(SG)です。

AGは、高い英語力をもつ生徒向けのグループ。一方、SGはこれから英語で学ぶことを目標とするグループですので、入学時の英語力は問われません。

 

今春の試験科目について。

12月19日実施(2017年度)

インターナショナルAG(募集定員30名)

試験は、英語(50分)・算数(50分)・国語(30分)が課されます。特に、算数は、英語で出題されることが特徴です。算数・国語の難易度は、2月入試ほど高くありませんが、しっかりと準備は必要です。また、国語は、作文が課されています。他校でもそうなのですが、作文を課すことで、基本的な日本語力の有無を学校側は確認しているのです。

 

インターナショナルSG・本科・医進コース(募集定員10名)

試験は、算数・国語の2科。今年度から始まりました。渋渋の算数・国語・作文のように、難易度の高い入試です。しっかりと、準備をして臨んだ生徒も多かったことでしょう。

 

また、面接では、以下のような内容が問われています。

 

《日本語》

志望理由

学校の規則を守ることができるか

海外の学校と日本の学校の違いについて

日本語を勉強しているか

学校の好きな先生について

 

《英語》

学校の先生はあなたのことをどのような生徒だと言っているか

最近読んだ本

長所・短所

滞在国について

 

一人10分程度の個人面接です。

ただし、面接順は、出願順ですので、早めに終わらせたいのであれば、出願時期に気をつける必要があります。

 

広尾学園に限らず、算数・国語の力も帰国枠入試では、必要になってきています。しっかりと学校情報や基礎学力を高めて、受験準備をしましょう!

 

kaikyo.hatenablog.com 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ