海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

桐蔭学園高への帰国枠入試(海外子女入試・書類選考・入試日程)

f:id:tapdan:20170320175927p:plain 

学校法人桐蔭学園 | 公式ウェブサイト

 

今回お話するのは、海外にいながら書類のみで合否が決まる入試(海外子女入試)を行っている、桐蔭学園について。実は、桐蔭学園は、高校入試が集中する2月3月を前に、年内に書類のみで受験をすることができます。(1月にも帰国枠入試があります。)

 

神奈川県にある桐蔭学園は、県内を代表する進学校のひとつ。理数科(女子:理数コース)は偏差値70程度、普通科(女子:普通コース)は偏差値65程度の入試難易度を誇ります。

 

通常、神奈川県の上位受験生は、2月の桐蔭学園(一般入試)を併願しながら、慶應義塾高校や県立湘南高校などを受験します。結果、特に理数科には学力が高い層が集まるサイクルが出来ています。

 

この桐蔭学園を、海外生は、一足早く受験することができるのです。しかも、書類のみのやりとりで合否が決まりますので、負担は少なくすみます。仮に、年内に桐蔭学園に合格できていれば、相当有利です。そのまま、桐蔭学園に入学してもいいですし、その他の難関校にチャレンジしてもいいのです。この海外子女入試は、海外生には恵まれた入試制度といえるでしょう。

 

それでは、その桐蔭学園の帰国枠入試(海外子女入試)の概要をみてみましょう。

 

募集人数

男子 理数科・・・若干名

   普通科・・・20名

女子 普通科(理数コース)・・・若干名

   普通科(普通コース)・・・10名

 

選抜方法

出願書類(調査書・志望理由書・資格等)に基づき、総合的に判定。

資格は、英検や漢検など。

 

入試結果

2017年

理数科(女子:理数コース)

志願者数⇨合格者数

 68名45名倍率:1.51倍

女子 23名19名倍率:1.21倍

 

普通科(女子:普通コース)

志願者数⇨合格者数

男子 37名25名倍率:1.48倍

女子 18名17名倍率:1.05倍

 

理数科を第一志望として、成績が足りなかったとしても、普通科の合格ラインに達していれば合格になります。入試倍率も比較的低く、狙い目といえるでしょう。

 

事前に入試情報を収集して動くことで、心理的にも高校受験を有利に進めることができます。参考にしてみてくださいね。

 

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ