読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

【入門講座】帰国枠入試の勝ち方(高校受験・英語・難関校)

f:id:tapdan:20170321204042p:plain

早稲田実業学校

 

今回、お話するのは、『帰国枠入試の勝ち方』について。

首都圏の高校受験は、中学受験同様、帰国枠入試が多くの学校で設置されています。ただ、中学受験と比較して、国内生とほぼ同等の力が求められるのが実情です。

 

帰国枠に限らず、ほとんどの入試の合格点は、6割〜7割程度(180点/300点)あれば合格できます。(早慶高で唯一最低点が公表されている早稲田実業のデータを載せておきますね。)

難関校(SFCや渋幕など除く)の英語の難易度は、およそ英検準2級程度ですので、英語圏やインター出身者で英検2級から準1級の実力があれば、英語85点以上、数学・国語は、残り95点取れば合格できます。(得点率にして、47.5%)

 

例年、多くの帰国生が数学・国語に苦戦しながらも、英語で引っ張り上げて、難関校に合格しています。これが、英語力がある帰国生の勝ちパターンです。

 

早稲田実業高等部 2016年度入試結果

合格最低点

男子 181/300

女子 177/300

 

受験者平均点

英語 57.6/100

国語 64.6/100

数学 40.8/100

 

入試で大切なのは、総合点で合格ラインに達すること。

どうしても行きたい志望校があるならば、合格ラインをどうクリアするか、戦略を立てて対策しましょう!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ

広告を非表示にする