読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

渋谷教育学園渋谷中への帰国生入試(試験科目・日程・面接内容)

f:id:tapdan:20170324200935p:plain

渋谷教育学園渋谷中学高等学校

 

今回、お話するのは、渋谷教育学園渋谷(通称:渋渋)について。渋谷教育学園幕張(通称:渋幕)と並び、首都圏で人気が高まっている渋渋。渋谷教育学園は、他にも早稲田渋谷シンガポール校を運営しており、早稲田大の系属校でもあります。

kaikyo.hatenablog.com

近年、渋渋は、海外大学進学にも力を入れており、ハーバードやプリンストンなどの海外一流校へも合格者を出しています。東大はじめ国内大学以外の選択肢も、渋渋の中では普通にあるのです。帰国生が渋渋を志望する理由もわかりますね。

 

さて、そんな渋渋は、中高一貫校ですので、高校での受け入れは行っていません。(渋幕は、中学・高校で生徒募集。シンガポール校は、高校募集のみです。)一般入試でも、御三家(開成中や桜蔭中など)と併願する生徒も増えています。

 

帰国生入試では、英語受験と作文受験の二つの選抜方法があります。

《試験科目》

①英語受験:国語・算数・英語 面接(英語)

②作文受験:国語・算数・作文 面接

 

英語のレベルは年々上がってきており、英検1級〜準1級レベルの英語力が必要です。英語“が”話せるのではなく、英語“で”考えることが求められます。

 

一方、作文受験は、一般入試レベルの力が国語・算数とも求められ、非常にハイレベルな戦いになります。日本人学校出身者が多く受けにきますからね。

 

それでは、入試概要をみてみましょう。

 

《募集人員》

帰国枠 男女計12名

 

《日程》

1月27日

 

《2017年度 入試結果》

◆英語受験

受験者数 119名(男子:49名、女子:70名)

合格者数  24名(男子:6名、女子18名)

 

◆作文受験

受験者数 171名(男子:80名、女子:91名)

合格者数  35名(男子:15名、女子:20名)

 

《面接内容》グループ面接(受験生5人:面接官1〜2人)

日本語 志望理由、将来の夢、学校で頑張りたいことなど

 英語 自己紹介、グループのメンバーでタスクが与えられ、ディスカッション

 

特に、面接は集団面接であることが、ほかの学校と大きく異なる点です。集団面接のコツは、またメルマガでご紹介していきますね。特に、英語のディスカッションは、タスクに対して、自分の答えを論理的に伝える必要があります。

 

近年、人気が高まっている渋渋。海外生・帰国生は、今のうちから学校選びをしっかりと行っていきましょう!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ

広告を非表示にする