読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

立教女学院中への帰国生入試(試験科目・日程・面接内容)

 

f:id:tapdan:20170404213156p:plain

立教女学院中学校・高等学校

 

今回お話するのは、立教女学院中(通称:立女)について。

 

立女は、立教大付属校の一つです。

 

東京・三鷹台にキャンパスがあり、チャペルはじめ校舎それぞれに歴史があります。学校見学で、はじめて立女を訪れた女子受験生が、学校の雰囲気が気に入って第一志望にするケースもあるほど、、

そして、以前から帰国生の受け入れを行っており、昨年度も20名の帰国生を募集しました。2017年度入試では、84名が受験して、34名が合格しました。

hs.rikkyojogakuin.ac.jp

 

帰国生入試の科目は、、

算数(30分・40点)

国語(30分・40点)

作文(30分・20点)

面接(保護者同伴)

 

作文が出題されていることが特徴的です。算数・国語の配点からわかるように、学力試験が非常に重視されています。海外にいても、国内生と同様レベルの内容を学習しておく必要があります。

 

試験日程は、12月22日。しかも当日18時に合格発表があります。一時帰国で受けにくる生徒もいるので、入学手続きまで非常にスピーディーな日程になっているのです。

 

以下の内容が面接では問われています。

《生徒》

・海外生活について

・テストの出来

・志望理由

・学校の特色

 

《保護者》

キリスト教への理解

・併願校について

・子育てで大切にしてきた点

 

基本的な内容中心です。12月が入試日ですので、面接準備が前倒しでできますね。第一志望としてもいいですし、併願校のひとつとして考えてみてもよいでしょう。

 

参考にしてみてくださいね!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ

広告を非表示にする