海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

【中学受験講座】早稲田・慶應義塾系中学への帰国枠入試(種別・試験科目・試験日程)

f:id:tapdan:20170622124034p:plain

慶應義塾湘南藤沢中・高等部

 

早慶中に関するお問合せをいただくことが多いので、一度まとめをしておきます。

今回のテーマは、早慶中への帰国枠入試について、初歩の初歩からお伝えします。

それでは早速、早慶中の一覧から確認してみましょう。

 

【早稲田系】青字:男子校、緑字:共学校

早稲田大学高等学院中学部(男子校)

早稲田中学(男子校)

早稲田実業学校中等部(共学校)

 

 

慶應義塾系】

慶應義塾普通部(男子校)

慶應義塾中等部(共学校)

慶應義塾湘南藤沢中等部(共学校)

 

以上6校(首都圏)がいわゆる早慶中と言われる学校です。

それでは、この中で、帰国枠をもつ早慶中はどこでしょう。

 

答えは、、

 

【早稲田系】

早稲田中学(男子校)・・・帰国枠若干名(4科:算国理社)

早稲田実業学校中等部(共学校)・・・帰国枠3名以内(4科:算国理社)

 

慶應義塾系】

慶應義塾湘南藤沢中等部(共学校)・・・帰国枠30名(4科:算国理社or3科:算国外国語作文

 

以上3校です。早稲田系は、意外に少なく感じますね。逆にSFCの募集定員が際立ちます。というのも、SFCの帰国枠定員は、帰国生入試の世界でもトップクラスの数を誇っているのです。(他校で有名なのが、攻玉社の帰国枠40名)

 

しかも、早稲田中と早実はいずれも募集人数が若干名・3名以内で、かつ4科目が必要ですので、実質的に国内生とほぼ同一条件。要するに早慶中のなかで帰国生受け入れに積極的な学校は、慶應SFC(募集30名)というのが正しい認識なのです。

 

試験日程を整理すると、

2月1日・・早大学院中、早稲田中①、早稲田実業慶應普通部

2月2日・・慶應SFC

2月3日・・早稲田中②、慶應中等部

 

女子が早慶中を受けようとする場合、早稲田実業慶應SFC慶應中等部のパターン一択。高校受験同様、早慶附属はまだまだ男子の枠の方が多いんですね。

そして早慶中(帰国枠)の試験問題は、すべての学校で国内生と同一問題。唯一違うのは、慶應SFCの外国語作文くらいです。(ただし、算国は共通問題)

 

このように早慶中を狙う場合、一般入試で狙っていくつもりで準備をする必要があるのです。こうした正しい情報をもとに、受験戦略を立てていきましょう!

 

参考にしてみてくださいね!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ