海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

渋谷教育学園渋谷中への帰国生入試(面接内容・作文対策)

f:id:tapdan:20091108104553j:plain

渋谷教育学園渋谷中学・学校

 

本日お話するのは、

渋谷教育学園渋谷中(渋渋)対策について。

 

◆以前、渋渋中の入試概要を記事にしました。

kaikyo.hatenablog.com

 

さて、渋渋中の帰国枠入試では

2つの入試が行われています。

 

①英語受験

英語(60分・100点)

算数(50分・100点)

国語(50分・100点) 

面接(英語)

 

②作文受験

作文(60分・20点)

算数(50分・100点)

国語(50分・100点)

面接(日本語)

 

特徴的なのが、作文の配点。

 

220点中、20点分しかありません

実際、この配点で大差をつけるのは難しい。

結果、作文型の合否は算数・国語でつきます。

つまり、作文練習の練習は数回やれば十分です。

 

一方、渋渋の面接内容は準備が必要です。

とくに、英語面接

 

ディスカッションがあります。

 

形式は、6人で20分程度。

自己紹介は一人30秒です。

 

テーマは、6人グループで

『クラスリーダーと副リーダーを選ぶこと』

 

このディスカッションでは、 

受験生の社会的行動が見られます。

 

具体的には次のポイントがみられます。

受験生がいかに自己主張するのか、

他の受験生の意見とどう調整するのか 

 

しかも時間は、10分。

あっという間です。

 

積極的に発言をするのはもちろん、自分の意見の理由を

必ず発言する癖を日頃からつけましょう。

 

参考にしてみてくださいね!

 

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ