海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

海城中学への帰国生入試(入試制度の変更)

f:id:tapdan:20180429214546p:plain

海城中

 

今回、お話するのは海城中の入試変更について。

 

慶應義塾湘南藤沢中等部SFC)に続き、

海城中入試も、来年度大きな変更があることが

発表されました。

 

過年度の入試に関する参考記事:

kaikyo.hatenablog.com

 

それが、総合問題の廃止!!

ほかにも、4科目(算国理社)から2科目(算国)受験に

変化するなど大幅に入試が変更されます。

 

〈新入試制度〉

【A方式】

算数:60分(120点)
国語:50分(120点)
面接:10分程度(受験生のみ)

→理科・社会がなくなり、日本人学校出身者が

より受けやすくなります。 

 

【B方式】

算数:60分(120点)
国語:50分(60点)
英語:40分(60点)
面接:10分程度(受験生のみ)

→総合問題がなくなり、対策しやすくなります。

 

また、過年度は面接も得点化されていましたが、

2019年度からは参考程度になるようです。

 

このように、新年度は入試の間口が広がることで、

更に多くの帰国生が受験することが予測されます。

 

配点も、算数の配点が高いことは変わらないため、

算数の出来、不出来が合否に直結する構図は変わりません。

 

海城中学を志望する方は、しっかりと情報を集めて、

対策していきましょう。

 

参考にしてみてくださいね!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ