海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

帰国枠の入試問題の種類とは(中学受験・帰国子女・科目減)

f:id:tapdan:20180501133431p:plain

 

今回お話するのは、

帰国枠の入試問題の種類について。

 

以前、記事にしたことがあるのですが、

今年は入試制度変更が多そうなので、

入試問題から再度共有しておきますね。 

 

まず、近年の背景として、

帰国生入試を行う学校は年々増えています。

 

特徴的なのが、

『グローバル入試』という国内のインターに

通う生徒も受けられる英語受験枠が増えている点。

慶應湘南藤沢も来年、この枠に参戦する予定です。

 

各学校が入試日程から科目まで、

試行錯誤して組み立てているのです。

 

一方、アジアの日本人学校生が増えるにつれ、

算数・国語の2科入試が増えてきました。

 

通常、一般入試ならば4科目必要な学校も、

帰国枠ならば、2科目で受験できる場合が

多くあります。

 

ものすごく簡単と言う訳ではありませんが、

国内生にはそもそもないチャンスなので、

受験資格があるならば、

どんどんチャレンジしていきましょう。

 

そして、あまり知られていませんが、

帰国枠の問題が一般枠と同じかどうかという点。

実は、非常に重要です。

 

なぜなら、帰国枠単体の入試日で行われる

入試問題のほうが、易しい傾向があるからです。

 

そのため、国内生が受ける入試問題だと、

問題レベルがぐっと高くなります。

 

その大まかな見分け方としては、

一般枠と同日に帰国枠を実施しているかどうか。

 

首都圏であれば、2月1日・2日が入試日の

帰国枠のほとんどが一般枠と同じ問題です。

 

例えば、早稲田・慶應SFC・成蹊・東洋英和・

青学横浜英和・本郷・城北など。

 

志望校の入試問題が一般枠と同じかどうかは、

事前に確認しておくといいですよ。

 

参考にしてみてくださいね!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ