海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

入学手続き期限の重要性(帰国子女・入学金・手続日)

f:id:tapdan:20180502153203p:plain

 

今回お話するのは、入学金手続きについて。

受験期には、特に切実な問題です。

 

あまり話題になりませんが、

とても大切なので、共有しておきますね。

 

一般的に、受験では第一志望の前に、

複数の学校を受けることになります。

 

しかし、合格の都度、

入学金(20〜30万円)を払って、

合格資格をキープしていけば、

安心はできますが、相当な金額になります。

 

そこで、各校の入学金の期限がいつまでかが

非常に大切になってきます。

 

実際、抑え校を選ぶ際には、入学金手続きの期限を

基準にする受験生もいるほど。

 

例えば、聖光学院中などは、

合格発表(午前9時)なのですが、

手続き締切は、当日正午までの3時間のみ。

 

おそらく、聖光の帰国枠が、

帰国枠入試全体のなかで、

手続き期間が一番短いのではと思います。

 

一方、最近伸びてきている、

東京都市大学付属中は、

合格発表が1月7日なのに対し、

手続き締切を2月8日にしています。

 

要するに、2月上旬の一般入試が

すべて終わるまで、ほぼ1ヶ月間、

待ってくれるのです。

 

そうしたシステム的なメリットも相まって、

東京都市大付属志望者は年々増えています。

 

各学校により、合格発表日と手続き締切日は、

まちまちですので、昨年度の入試日程を

参考にするとよいでしょう。

 

※最新年度の募集要項は、7月〜9月頃に発表されます。

 

参考にしてみてくださいね!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ