海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

慶應義塾湘南藤沢中等部の帰国生入試を振り返る。(SFC・帰国子女・2018年度)

f:id:tapdan:20180418180136p:plain

慶應義塾湘南藤沢中等部


今回お話するのは、

慶應湘南藤沢中等部(以下SFC)の帰国生入試について。

2018年度の入試結果をまとめたいと思います。

 

2019年度は、入試制度が変わるため、

変更点について予め注意が必要です。

kaikyo.hatenablog.com

 

早速、SFCの入試日程・科目から

確認していきましょう。 

 

【入試日程】

2/2 一次試験(筆記)

2/3 一次合格発表

2/4 二次試験(面接・体育実技)

2/5 合格発表

2/6・7 入学手続き

 

二次試験まであることが、

SFC入試の特徴です。入試日以降、

毎日何かしらの試験・発表等があります。

 

【募集定員】

帰国枠30名 

 

2019年度も帰国枠の定員は変わりません。

一般枠は120から70名になります。

 

【試験科目】

帰国①→算数・国語・理科・社会

帰国②→算数・国語・外国語による作文

 

主に、日本人学校出身者が帰国①、

現地校・インター校出身者が帰国②を

受ける傾向があります。

 

外国語による作文は、英語だけでなく、

中国語やフランス語でも受験できます。

 

そして、2018年度の入試結果を

確認してみましょう。

 

志願者:202名

受験者:155名

一次合格者:79名

二次受験者:78名

最終合格者:40名

繰上合格者:4名

入学者:37名(男子17名、女子20名)

 

SFC入試のポイントは、間違いなく

二次受験から最終合格までの倍率が高いことです。

 

つまり、倍率約2倍程度の一次試験で合格しても、

二次で落とされる可能性が高いということ。

 

例年、SFCは一次で70〜80名程度が合格し、

40名前後が合格をします。

 

つまり、二次対策(面接対策)をきちんと行っていないと、

不合格になる可能性が高いのです。

 

また、帰国①と帰国②の内訳は、

合格者番号から類推すると、

帰国①からの合格者が10名前後、

帰国②からの合格者が30名前後。

 

来年度での合格者内訳は未知数ですが、

毎年、英語受験組を多めに合格させているのは事実です。

 

そして、44名(繰上合格含む)の合格者のうち、

7名が入学辞退しているのは、渋幕や渋渋などに

流れた可能性があることが考えられます。

 

しかし、合格者の入学率が84%というのは、

SFCを第一志望にしている受験生が多いことが

わかりますね。

 

このように、例年二次試験がポイントとなるSFC入試。

来年度、入試制度が大きく変わりますが、

面接が重視される傾向は、引き続き踏襲されるでしょう。

 

SFC受験を考えている方は、

参考にしてみてくださいね!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ