海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

【入門講座】出願の際のポイント(帰国生入試・海外子女・入学願書)

f:id:tapdan:20181017215255j:plain

今回お話するのは、出願の際のポイントについて。

 

いよいよ各学校の願書受付が本格的に始まり、

今年も入試シーズンが到来します。

 

最近はWEB出願も増えてきており、海外在住でも、

出願がしやすくなりました。今後この流れは加速していくでしょう。

 

一方、いざ出願しようと、願書に必要事項を記入するときに、

いくつか迷うポイントがあります。小さなことにみえても、

実際に志望校への正式な書類となると、とても気になってきます。

 

そんなときに、願書提出の際の迷うポイントを

事前に知っておくと慌てることもなくなります。

 

例えば、学校によってある併願校の記入欄。

受験生からすると、第一志望出ない場合どのように書けばいいのか迷います。

 

なぜかというと、併願校から第一志望でないことがわかれば、

面接や選考で不利にはたらくのでは、と不安になるため。

 

しかし、学校側からすると、併願校を聞くのは、

次年度の入試に向けての調査的な意味合いもあるため、

正直に併願校を記入して、特段大きな問題はありません。

(もちろん、合格ボーダーギリギリになったら、第一志望校の生徒が優先される可能性は0ではありませんが。)

 

ほかにも、願書を誰が書くのかという点でも迷うことがあります。

答えは、、、受験生ではなく保護者が書けば問題ありません。

特に中学受験はその傾向が強く、学校によっては、

保護者記入を指定する学校もあるほど。

 

また、出願の際には、募集要項をしっかりと読むことが何より大切です。

なぜか、、それは当たり前ですが、学校側からの指示を守らないと、

出願受付において、学校側が大変困ってしまいます。

 

例えば過去には、ある中学入試において受験生がアピール材料として、

賞状やCD、DVDなどを送る事例があったそう。

 

ただ、逆の立場(学校側)に立てば、これがどれほど迷惑になるかが

わかりますよね。処分するのか返却するのか、学校側も困ります。

 

このように、出願にあたって募集要項はルールブックであり、

願書は受験生と学校側との初めてのコミュニケーションツールです。

受験は出願から始まっているといっても過言ではありません。

 

募集要項を熟読して、それに沿って願書記入をするようにしましょう。

そして、不明点がある場合は各学校に問い合わせるのが一番確実です。

 

参考にしてみてくださいね!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ