海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

海城中と聖光学院中への帰国生入試(入試日程・試験科目・相違点)

f:id:tapdan:20181018122247p:plain

今回お話するのは、男子校の帰国生入試について。

帰国生に人気の高い、海城と聖光学院の二校に絞ってお話します。

 

両校ともに一般入試でも難関校であり、

進学実績においても毎年全国トップレベルです。

 

そして、いずれも毎年1月に帰国生入試を行っており、 

長年帰国生を受け入れている共通点があります。

 

ただ、海城と聖光は、数年に一度のペースで帰国枠の入試日がかぶるため、

その年にあたる受験生は、両校を併願することができません。

 

ちなみに、2019年度入試は、以下ダブル出願ができる年です。

海城中・・・1月7日(月)

聖光学院・・・1月12日(土)

※2018年度入試は、入試日程がかぶっていました

 

しかも、海城中は今年の入試から入試制度がかわり、

A方式の4科(算国理社)⇒2科(算国)で受験ができるようになりました。

 

2科目(算国)で受験できるため、今年は海城にチャレンジする受験生が

増えること、そして合格ラインの上昇が予想されます。

 

【海城中】

A方式:算数(120点)・国語(120点)

B方式:算数(120点)・国語(60点)・英語(60点)

面接(2分間スピーチあり

 

聖光学院中】

英語(100点)・算数(100点)

国語(100点)・算数(100点)

 

いずれも、一般枠レベルの入試問題ですので、

骨太な学力が要求されます。

 

対策として、一般入試の問題を購入して複数年度分、

演習しておきましょう。

 

19海城中学校 2019年度用 6年間スーパー過去問 (声教の中学過去問シリーズ)

19海城中学校 2019年度用 6年間スーパー過去問 (声教の中学過去問シリーズ)

 
303聖光学院中学校 2019年度用 4年間スーパー過去問 (声教の中学過去問シリーズ)

303聖光学院中学校 2019年度用 4年間スーパー過去問 (声教の中学過去問シリーズ)

 

 

また、相違点としては、面接の有無。

海城には面接がありますが、聖光には面接がありません

 

昨年までの海城の面接は、全配点のうち1割が面接点でしたが、

(学校の発表をみる限り、)今年は参考程度になったようです。

 

しかし得点化されなくても、スピーチは準備しなければ対応できませんので、

海城中受験生は事前に準備をしておきましょう。

kaikyo.hatenablog.com

 

最後に、おまけの小話。

帰国生入試において、入学手続〆日がいつなのかは大きな問題です。

なるべく入学金を待ってくれる方が受験生・保護者に負担がかかりませんし、

実際、各学校の受験者数にも影響を与えます。

 

しかし、海城、聖光は志望順位が高い受験生も多く、学校側も手続きを

長く待つ必要性もないため、早めに入学手続き〆日が設定されています。

 

海城中:

合格発表日→1/8(火)9:00

 手続期間→1/8(火)9:00〜14:00

 

聖光学院中:

合格発表日→1/13(日)9:00

 手続期間→1/13(日)9:00〜12:00

 

なんと、聖光の手続き期間は合格発表からのたった3時間と、

帰国生入試の中でもトップクラスの短さ。

 

それだけ、合格者が手続きをすることに迷いがないほど、

志望順位が高いということでしょうね。

 

参考にしてみてくださいね!

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ