海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

聖光学院中学への帰国生入試(試験科目・日程・入試結果)

f:id:tapdan:20181121185458p:plain

 

今回、お話するのは、

聖光学院中の帰国生入試について。

 

数ある帰国生入試のなかでも、

ハイレベルな入試で知られる、

横浜の男子校です。

 

それでは早速、学校の概要から

確認していきましょう。

 

■学校概要

キャンパスは神奈川県横浜市にあり、

JR根岸線京浜東北線山手駅から

徒歩8分程度の場所にあります。

 

最寄り駅から学校までは登り坂。

在校生は毎日坂をのぼって登校しています。

そして、校舎もとてもキレイです。

 

また、近年の進学実績は、

目覚ましいものがあり、ライバル校の

栄光学園をも一歩リードしています。

 

■大学合格実績(2018年度)

東大・・・72名

一橋大・・・10名

慶應大・・・121名

早稲田大・・・172名

 

卒業生数、約230名程度と小規模ながら、

上記の実績を叩き出しています。

 

実は東大への合格率は、

開成学園をすでに抜いています。

 

もちろん、浪人生もいますし、

私大実績は一人で複数合格していますが、

それを割り引いても進学校としては全国屈指。

 

一般入試では、

東京の御三家中(開成や麻布など)とも

よく併願されています。

 

最近は英語教育にも

力を入れるようになってきており、

スカイプ英会話や海外研修などを

積極的に取り入れています。

 

結果として、2018年度卒業生から、

Yale大やPrinceton大にも合格者を輩出しました。

 

今後、海外大を志望する生徒が

続々出てくるでしょう。

 

さて、そんな聖光学院は、

帰国生入試を長年行っています。

 

まずは、入試日程から確認していきましょう。

  

■入試日程

2019年1月12日

 

聖光(帰国)の入試日は毎年動きます。 

帰国枠は、入試日が動くと、

ほかの併願校にも大きく影響します。

 

ちなみに、2018年度入試は、

海城中学と入試日が同日でしたので、

両校を志望校としていた受験生は

どちらの学校を受けるかを選ぶ必要がありました。

 

ただし、2019年度は海城中の入試日は、

1月7日ですので、ダブル出願することができます。

もちろん、その分合格ラインは上昇するでしょう。

 

また、以前は英語・算数・国語の

3科目入試だったのですが、

数年前から、2つの入試方式になりました。

 

■試験科目

①英語・算数

②国語・算数

 

①は現地校やインター校出身者向け、

②は日本人学校出身者向けの入試形式です。

 

もう一つの聖光の帰国枠の特徴は、 

面接がないこと

 

要するに、完全なる筆記試験勝負なのです。

これはほかの併願先との大きな違いです。

 

入試問題も一般入試と同等のレベルなので、

非常にハイレベル。

 

ただし、解答用紙の作りが

一般入試と異なるため、別途対策が必要です。

 

また、よく併願される学校としては、、

 

■併願先

【1月】

東京都市大付属(II類)

海城・攻玉社・渋渋(作文型)

【2月】

御三家(開成・麻布・武蔵)

早稲田・海城・筑駒

 

2月校については、4科目入試ですので、

理社も勉強しておく必要があります。

 

2018年度の帰国枠の入試結果は、 

受験者数:134名

合格者数:34名

倍率:3.9倍

 

倍率は例年高止まりしています。

その理由は、帰国生の要件が比較的緩いため。

 

小学一年生で帰国した生徒も

帰国枠で受験ができます。

詳細は募集要項をご確認ください。

 

海外大にも視野を広げ、

英語教育にも力を入れだした聖光学院

 

志望する受験生は、

一般入試と同等の学力を目指しましょう。

 

参考にしてみてくださいね!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ