海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

「英検準1級」を保有する帰国生のための最適な受験戦略とは?!(高校受験編)

f:id:tapdan:20190209194619p:plain

慶應義塾湘南藤沢高等部SFC

 

今回は中学生向けのお話。


英検準1級以上を保有する、

中3の帰国生のための受験戦略について。

 

英語に自信を持つ帰国生は多いのですが、

帰国受験において英語を武器としてどう使うかまで、

意識している生徒はまだまだ少ないのが現状です。

 

英語が得意な生徒の大まかなプロフィールは、

欧米圏の現地校やインター校に、

小学生頃から通っていた生徒がほとんど。

そして、国語が苦手であることも特徴です笑

 

そうした英検準1級以上の英語力を保有する帰国生の

志望校としてよく挙がるのが慶應湘南や渋谷幕張の二校。

 

いずれも帰国生に大変人気な学校です。

 

もちろん、英語の入試問題のレベルは、

準1級〜1級レベル。

 

必然的に、競争相手となる受験生は、

同じようなプロフィールの生徒になります。

 

要するに、これらの学校に受かるために、

他の受験生と差をつけようと思えば、

圧倒的な英語力か、それ以外の科目や面接が

必要となると言えます。

 

逆に早慶附属校などを狙う場合、

国内生との勝負になるため、

英語で圧倒的に差をつけることができます。

 

結果、数学や国語で

後れを取っていても逆転が可能です。

 

志望校を受けるにあたり、

英語力に自信のある生徒は、

他の受験生が自分と似ているかどうかという視点で

考えてみるとよいでしょう。

 

そうすれば、自信の武器をどう生かせばよいのか、

どう受験対策をしていけばよいのかがわかります。

 

参考にしてみてくださいね!

 

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ