海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

【入門講座】学校選びで大切な『学校の規模』とは!?(帰国生入試・中学受験・高校受験)

f:id:tapdan:20181113003849j:plain

慶應義塾高校

 

昨日は栄東の帰国生入試の合格発表でした。

いよいよ今年も受験シーズンの到来です。

 

今週以降も、複数の学校の入試がありますので、

受験生の皆さんは体調に気をつけて、

入試に備えてくださいね。

 

さて、今回お話するのは、学校選びをする上で

重要な【学校の規模】について。

 

受験する前はあまり気にしない生徒が

多いのですが、学校の規模は

大切な要素となります。

 

なぜかというと、学校の規模感が、

そのまま学校の雰囲気に直結するため。

 

事前に学校のサイズを確認しておくといいですよ。

 

例えば、慶應義塾高校と慶應女子高校。

 

一見、同じくらいの生徒が在籍していそうですが、

学校の規模が全く異なります。

 

慶應義塾高校:計2,200名

慶應女子高校:計620名

 

驚きなことに、生徒数が3倍以上も違うんです。

入学後の様子が違うことは、

容易に想像ができますね。

 

どちらが良いということではありません。

生徒によって合う合わないがあるのです。

 

では、それぞれの一般的な特徴をまとめますと、、

 

①生徒数が多い学校の特徴

一言でいうと、大学に近い雰囲気があります。

つまり、先生と生徒の距離感が

ある程度の距離があるため、

生徒の自主性がより大切になります。

 

つまり、自分のやりたいことが明確な生徒には、

うってつけの環境です。

 

逆にいうと、積極性がなければ『その他大勢』に埋もれてしまいがち、、

 

一方、生徒数が割と少ない学校の特徴はというと、、

 

②生徒数が少ない学校の特徴

生徒と先生との距離感が近く、

アットホームな雰囲気になります。

 

もちろん、学校によってサポート体制の熱心さには濃淡がありますが、少人数であればあるほど、

面倒見がよい学校が増える傾向があります。

 

なかには生徒管理型の学校もあるため、

入学後そのような教育体制に息苦しさを

感じる生徒もいます。

 

志望校はどうか確認しておきましょう。

 

そして、もう一つのポイントは、

高校に内部進学組(附属中からの進学組)が

いるかどうかです。

 

なぜかというと、内部進学組は学校の雰囲気に

圧倒的な影響を与えるから。

 

実際、それを嫌って、内部進学組が

実質的にいない慶應志木高校やICU高校を

進学先に選ぶ生徒もいます。

 

受験生本人に、学校生活で頑張りたいことが

明確にあるかどうかで、

マッチする学校環境は変わります

 

志望校の規模感を、早速確認しておきましょう。

参考にしてみてくださいね!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ