海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

帰国子女専用のクラスが、日本にあるの!?

先日、国立大学附属中高のお話をしました。

今回は、帰国子女だけのクラスがある学校について、短くお話します。

f:id:tapdan:20120926134218j:plain

東京学芸大学附属大泉小学校

通常、学校に入る際、帰国生は、国内生と混合クラスに入る場合がほとんどです。もちろん比率は、学校によって様々。しかし、そんな中、日本には9つの学校だけが、帰国子女専用クラスを設置しています。それは、以下の学校。

 

千葉大学教育学部附属小学校

東京学芸大学附属大泉小学校

お茶の水女子大学附属小学校・中学校

愛知教育大学附属名古屋小学校・中学校

京都教育大学附属桃山中学校

神戸大学附属中等教育学校住吉校舎

福岡教育大学附属福岡小学校

 

小中合わせて9校です。特徴は、二つ。

・すべて国立

・小学校がメイン

 

公立学校だと地域が分散するため、帰国生クラスを設置するほど、帰国生が集まりにくい現実があります。そのため、国立が拠点校として、専用クラスを設置しているのです。また、帰国生だけのクラスを設置すると、まだ日本語がたどたどしい現地校出身の生徒のために、日本語中心の底上げができます。

例えば、現地校に通っていた子が、日本の学校や日本人学校に編入すると、まず日本語の壁にぶち当たります。現地校の言葉だと活発だけど、日本語だとたどたどしくなり、逆におとなしい性格になったりする場合なんかも。小学生という大事な成長段階で、諸々問題がでてくるんです。そこで、混合クラスに行く前に、

 

現地校⇒帰国専用クラス⇒混合クラス

 

という流れがあると、帰国専用クラスが(いい意味で)クッションとなり、スムーズに日本の教育環境に溶け込めやすくなります。そうした、目的で小学校のときから、国立中心でみているのです。

現地校出身で、日本語にご不安がある子は、上記の学校を一度検討してみるのはいかがでしょうか??

不安に感じられている方のお役に立てたら嬉しいです。

 

それでは、次回も帰国入試知識を一緒に勉強しましょ!

 

国立大学附属中の帰国入試って!? - 海外教育日記

国立大学の附属高校の帰国入試って!? - 海外教育日記

 

【海外教育についてのブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ

 

TAKA