海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

白百合学園中への帰国枠入試(試験科目・日程・面接内容)

f:id:tapdan:20170317140637p:plain

白百合学園中学高等学校

 

今回お話するのは、白百合学園の帰国枠入試について。

白百合学園は、明治14年に設立された、歴史のある名門校です。戦前、女子仏学校という名称だったことからもわかるように、フランス人に設立された縁から、現在もフランス語教育に力をいれています。

 

実は、白百合学園中高の卒業生は、白百合女子大学にはほとんど進学しない進学校です。(白百合女子大への進学者9名/平成28年度卒業生171名)東大をはじめ難関大学や医学部に多くの生徒が進学しており、早慶大にも毎年100名前後の合格者がいます。

 

また、近年、帰国生に人気が高まってきており、5年前と比較しても、受験者数も倍増しています。英語の取り出し授業やフランス語教育など、帰国生が入学後に刺激をうけられる環境を用意しているのです。

 

その帰国枠入試では、12名の募集をしており、毎年30名前後の合格者が出しています。倍率は2倍程度。

一方、一般入試は60名を募集しています。中学では、帰国枠・一般入試の計72名と白百合学園小学校からの進学者が合流して、およそ180名前後で構成されます。

それでは、帰国枠入試の概要をみてみましょう。

 

帰国枠入試概要 

試験日程 1月8日

 

試験科目 英語(40分)・算数(40分)・国語(40分)

算数・国語は、一般入試よりも易しい問題が出題されています。算数は、例年、大問5題で小問10問前後が出題されていますので、計算などの基本問題をいかに落とさないかが得点のコツです。

 

面接内容 保護者同伴(10〜15分程度)

《生徒向け》 

・志望動機

・住んでいた国について

・好きな本

・入学後に入りたいクラブ活動

・願書の記載内容からの質問...

 

《保護者向け》

・海外生活で、どのようなことに苦労したか

・子供の長所、短所

・海外での受験サポート

・海外での子育てで気をつけていたこと...

 

やはり、生徒には海外滞在中のこと、興味・関心について。保護者には海外で生徒がいかに成長してきたのかが問われます。

お子さんが、上記の質問を今されたら、どういったことを答えるでしょうか。試しに考えてみるとよいでしょう。

 

それでは、次回も一緒に帰国枠入試を勉強しましょう!

 

学校説明会などの情報をメルマガで配信しています。

(本ブログ右列に入力画面・無料)

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ