海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

帰国生のための学校・同志社国際中学って?!

f:id:tapdan:20140904134341j:plain

                             同志社国際中学・高校

今回お話するのは、関西・京都にある同志社国際中学について。帰国受験の世界では、立命館宇治などと共に関西で非常に有名な学校です。 関西に戻る帰国生なら、一度は聞くことになる学校でしょう。

 

関西の帰国入試において、有名な学校は、『立命館宇治』、『同志社国際』、『関西学院千里国際』の3校が挙げられます。これらの学校は、大学附属なのですが、大学のことからお話しますね。


関西には、『関関同立』と呼ばれる有名私立大学群があります。
関⇒関西学院大学
関⇒関西大学
同⇒同志社大学
立⇒立命館大学

もちろん関西の方で知らない人はまずいません。そして、この中の3つの大学附属(関西大学除く)は、帰国生をメインに受け入れています。

 

関西学院大学関西学院千里国際

同志社大学同志社国際

立命館大学立命館宇治

 

また、別の観点から。帰国生受け入れ第一に設置されたと認定されている学校は、日本に4つあります。

ICU国際基督教大学

南山国際

同志社国際

関西学院千里国際

 

同志社国際関西学院千里国際は、それに該当しているんですね。同志社も他の附属校に同志社高校がありますが、帰国生の受け皿として同志社国際が設置されています。学校の特徴は、世界中から帰国生を集め、英語を中心とした授業が展開されること。それでは、同志社国際中学の各特徴は、

 

【住所】

京都府京田辺市多々羅都谷60-1

同志社大学京田辺キャンパス(理系学部メイン)と道を挟んで立地しています。

 

【創立年】

1980年同志社国際高校開校

1988年同志社国際中学開校

⇒比較的新しい学校です。ちなみに同志社中学は、1896年と100年以上の歴史を持っています。

 

【帰国入試】

帰国生徒(約55名)、国内一般生徒(約25名)

小学校から上がってくる生徒の関係上、人数が削減されました。

 

12月10日(水)

⇒A選考(対象:帰国生徒)専願・併願

 

1月20日(火)

⇒B選考(対象:帰国生徒)

⇒G選考(対象:国内一般生徒)

 

2月9日(月)

⇒A選考(対象:帰国生徒)併願

 

【募集内容】

A選考(専願)⇒英語資格・面接・書類審査 

A選考(併願)⇒作文(日本語以外)・面接・書類審査

B選考⇒教科試験 算数・国語・理科or社会or英語のいずれか

G選考⇒教科試験 算数・国語・理科or社会or英語のいずれか

 

⇒特に、A選考(専願)の出願資格には、非常に高い語学力が求められています。現地校やインター出身者に有利な試験制度になっています。

①TOEFLiBT 68点以上

ケンブリッジ英検FCE 以上

③実用英語検定準1級以上

TOEIC730点以上

 

【入試結果】

2014年度

帰国生対象

A選考⇒志願者74名 合格者53名

B選考⇒志願者17名 合格者11名

 

国内一般生対象

G選考⇒志願者56名 合格者35名

 

⇒A選考は、専願併願の合算です。しかし、上記の専願の出願資格を満たしている生徒は、高い確率で合格しているでしょう。ちなみに、G選考の今年の合格最低点は、152点/300点でした。他の中学受験の学校に比べ、合格点は低いほうですね。

 

【卒業後】

卒業後は、ほぼ100%の生徒が附属の同志社国際高校へ進学します。その後、大学は、同志社大同志社女子大に進学していきます。特徴は、海外大学に進学する生徒が一定数いること。国際バカロレア(国際的な卒業認定制度)が同志社国際にはありますので、国際教育これからも海外大学への進学は多いでしょう。

 

【学費】

入学金100000円

授業料746000円/年間

教育充実費130000円/年間

その他経費

 

高い語学力を持つ生徒が集まる同志社国際

学校も帰国生のため、英語での教育に力を入れています。関西に帰られる方は、同志社国際での帰国生教育を知っておくのは価値がありますよ。

 

それでは、次回も一緒に帰国入試知識を勉強しましょ!

ご相談・お問い合わせは、infokikoku@yahoo.co.jp まで。

 

帰国生のために設立された4つの学校 高校入試編 - 海外教育日記

小学校編入ってなに!? - 海外教育日記

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ

 

taka