海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

【帰国生入試・過去問題分析】共立女子中学(2018年度/算数)

f:id:tapdan:20181028111306p:plain

 

今回は、共立女子中学(帰国)の

2018年度・入試問題分析です。

 

共立女子は、2017年度まで1月に帰国生入試を行っていたのですが、

2018年度から12月に入試日程を前倒ししました。

 

その結果、18年度の受験者数が、なんと17年度の3.7倍に。

※データ 34名(17年度)⇒127名(18年度)

 

併願しやすい早めの入試日程と、

学校側が帰国生教育に力を入れ始めたことが帰国生の間で広まり、

受験生増につながりました。

 

大妻中もそれに影響されてか、

2019年度から12月に帰国生入試の日程を前倒ししました。

 

さて、共立女子の入試科目は、

英語・算数、または国語・算数からの選択です。

そのため、現地校・インター組と日本人学校

いずれも受験しやすい点が特徴です。

 

帰国生入試の問題は、HPに公開されています。

入試過去問題|入試情報|共立女子中学高等学校

 

それでは、2018年度の帰国生入試の問題構成から

確認していきましょう。

 

問題構成は、

構成:大問6題(計19問)

時間:45分

配点:100点

1問あたり2分少々程度

 

スピード勝負です。

 

問題も一見簡単そうにみえますが、中学受験算数の基礎を

きちんと抑えておく必要があります。

 

【内訳】

大問1:計算(計3問)

大問2:小問集合(計6問)

大問3:平面図形(二等分線)

大問4:数の性質(公倍数)

大問5:速さ(旅人算

大問6:立体図形(水と重り)

 

それでは、問題ごとにふりかえると、、

 

【大問1】

(1)〜(3)

⇒1分程度で終わらせたい問題。

(3)は計算の工夫(括り出す)をすれば、20秒で終わる問題。

 

【大問2】

(1)逆算の問題(計算問題)

(2)数の性質(100に近い数)

(3)割合と比(所持金)

(4)場合の数(選び方)

(5)割合と比(本のページ数)

(6)平面図形(扇形の回転)

 

大問2は、いずれもサービス問題。

ここはきっちりと得点しておきたい内容です。

 

【大問3】

式を組み立てて、割り出すことができるか問う問題。

自分で手を動かして解けるかどうかですが、

基本的な問題です。

 

【大問4】

公倍数に関する問題。

ここは、(1)は受験生が取れていたでしょうが、

(2)以降は手付かずの受験生もいたでしょう。

(3)は解けなくても合否には関係ない問題です。

 

【大問5】

旅人算に関する問題。

(1)は旅人算の基本中の基本。

(2)は速さのダイヤグラムを丁寧に描ければ、

答えにたどり着ける問題です。

(3)は解けなくても問題ありませんが、

こちらもグラフがきちんと描ければ解ける問題。

 

【大問6】

立体図形に関する問題です。

(1)(2)は基本ですが、立体図形を苦手とする

女子受験生は多いため、思いのほか正答率は高くなかったでしょう。

(3)は 合否に影響しない問題です。

 

共立女子の算数の問題は、前半の基本問題を

いかに落とさないかがポイント。

 

算数の受験者平均は52.4点でした。

実質倍率は1.2倍ですので、50点取れていれば十分です

 

受験生は、まずは半分取れるように対策をしましょう。

参考にしてみてくださいね!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ