海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

立教池袋中学への帰国生入試について②(入試制度の変更・作文廃止)

今回お話するのは、

立教池袋中学の入試制度変更について。

 

先日、立教池袋中学校が、

来年度入試の変更点を発表しました。

 

これまで、受験できなかった層が受験できたり、

試験内容が一部変更されています。

小6の男子受験生は事前にチェックしておきましょう。

 

今回の主な変更点は以下の3点。

 

f:id:tapdan:20190728212238p:plain

 

全体的に言えることは、

試験内容が簡素化され、受験要件も緩和されることです。

 

①作文について

これまで国語の時間に実施されており、

作文の対策もある程度必要でした。

しかし、来年度はその対策が不要となります。

 

②集団面接について

立教池袋はキリスト教に関する質問が毎年されていたのですが、

来年度から個人面接のみになります。

結果、面接の準備がしやすくなります。

 

③受験要件の緩和について

国内インターナショナルスクール生も受験が可能になります。

 

、、、この変更には驚きました。

 

洗足学園や渋谷幕張、市川など、

国内インター生でも帰国受験できる学校が

一部あるのですが、それらの学校の入試には、

基本的に英語があります。

 

しかし、立教池袋の帰国受験は、

算数・国語の2科入試のみで、

英語がありません。

 

英語がない入試にも関わらず、

国内インター生が受けられるようになるのです。

 

国内インター生のポテンシャルなどを鑑みて、

今回の判断をしたのかもしれません。

まとめ

当然、来年度以降、受験者は増加するでしょう。

その増加幅は未知数ですが、

帰国入試がさらに盛り上がっていくことは間違いありません。

 

近年、帰国生入試の世界では、受験要件は緩和傾向にあります。

 

各校の募集要項は9月頃までに出そろいますので、

受験生の方は、随時情報収集を行いましょう。

 

参考にしてみてくださいね。

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

 

【海外教育に関するブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ