海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

慶應ニューヨーク学院の生徒数って?!

久々の更新です。テーマは、『慶應ニューヨークについて』

 

f:id:tapdan:20140423161201j:plain

今回から慶應ニューヨークについて数回に分けてご紹介します。初回は、『生徒数』について。

 

でも、その前に慶應ニューヨークに関する復習から!

慶應ニューヨーク(以下、慶應NYと省略)は、慶応大学の附属校であり、国外にある唯一の慶応系高校です。※厳密には、アメリカの教育制度上、中学3年から入れます。

 

そして、その生徒数なのですが、、 

慶應NYは、一学年の定員120名(中3は、定員60名)と、なんとも小さな学校。定員全員で420名ほどです。慶應義塾高校横浜市港北区)の全学年の生徒数が約2200名であることと比べると、その違いがよーくわかります。逆にいうと、実は、慶應高校って超マンモス校なんです。

 

ところが、慶應NYの実際の在籍生徒数は、全学年(中3~高1まで)合わせて、例年300名~350人程度です。定員420名よりだいぶ少ない。

それって意外に人気がないのでしょうか?

 

ーいいえ、そんなことは、ありません。

実は、寮はフル稼働しています。もともと、学校の周辺に住んでいる駐在員の子女が通うことを想定されて、定員数が設定されたのですが、近年駐在員の子どもが少なくなったため、定員より少ない人数になっているのです。

もう少し詳しくいうと、全学年の約1割程度が通学生。ほとんどの慶應NY生が寮生活をしているんです。

 

寮で生活している生徒が多い慶應NY。それもまた、よい経験になるでしょうね。

次回は、その慶應NYの授業について、お伝えします。

 

それでは、次回も一緒に帰国入試知識を勉強しましょ!

第二弾 慶應ニューヨーク学院の授業って!? - 海外教育日記

最終回 慶應ニューヨーク学院の入試って!? - 海外教育日記

 

【海外教育に関する他のブログ一覧】

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ

 

taka