海外教育日記

海外駐在の方に向けて、帰国入試情報・海外教育・ICT教育について発信していきます!

アジアからの帰国受験について

f:id:tapdan:20200404001948j:plain

ベトナム・ホーチミン

今回お話しするのは、

アジアからの帰国受験について。

 

海外に住む子供が、どのエリアに

最も住んでいるか、ご存知でしょうか。

 

正解は、アジア

 

2018年度のデータによると、

海外在住の全邦人子女数が84,253名のうち、

33,868名がアジアに住んでいます。

 

その割合、なんと 40.1% !!!

約4割の海外生がアジア在住なのです。

 

その約半数近くの15,433人が日本人学校に通っており、

アジア在住の子供は年々増加しています。

 

様々な文化、価値観に溢れるアジアで幼少期を過ごした経験は、

将来的にプラスな影響を与えることは間違いありません。

 

f:id:tapdan:20200403235830p:plain

海外子女教育振興財団HPより

 

一方、アジアからの帰国生で、共通する悩みもあります。

 

それは、英語(または現地語)が話せないということ。

 

日本人学校で学んだ生徒も多いため、

英語はもちろん、その国の言葉も話せないのです。

 

 

海外に住んでいるときはあまり感じることもないのですが、

帰国して地元の学校などに転入すると、

英語話せるの?など、国内生に聞かれたりして、

コンプレックスに感じる生徒も多いのも事実です。

 

しかし、帰国生を受け入れる中学や高校が、

帰国生に求めているのは、英語だけではありません。

 

帰国生が海外でどのような知見や経験を得たか、

入学後に国内生にどれほど好影響を与えられるか

をみているのです。

 

それが証拠に、英語を課さない(特に中学受験)

で受験できる学校のほとんどでは面接を課しています。

 

当然、ただ単に、海外に住んでいたというだけでは、

何の価値もありません。

 

その国の食事や言語、風習などを実体験として、

いかに感じる場面があったか語れることが何より大切です。

 

今は、このような情勢ですので、

なかなか外を自由に歩き回ったりはできないとは思いますが、

家にいる時間に家族で、日本と住んでいる(いた)国との違いを考えてみると、

意外な気づきがあるものです。

 

ポイントは、『日本との違いは何か』

 

参考にしてみてくださいね!

 

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com

kaikyo.hatenablog.com